よくあるご質問

専門治療について

脳神経外科

脳神経外科では、主に脳・脊髄・神経の病気を診断・治療しています。
脳の病気は早期発見、早期治療が重要です。

[下記のような症状がある場合は、お早めにご相談ください。]

  • ・頭が痛い、頭が重い感じがする
  • ・頭を打った
  • ・めまい
  • ・首や腰の痛み
  • ・顔や首、肩の痛み
  • ・ふらつき
  • ・まっすぐ歩けない
  • ・意識や記憶が無くなるときがある
  • ・耳鳴り
  • ・物忘れ
  • ・ろれつがまわらない
  • ・言葉がでずらい
  • ・吐き気を感じることがある
  • ・手足のしびれ・まひ
  • ・手足が震える

めまい

めまいを伴う病気には、メニエール病など耳の病が代表的ですが、脳梗塞や脳出血、一過性脳虚血発作など脳の障害の場合もあります。 脳が原因で起きるめまいは脳幹や小脳の障害で起きることが多く、めまいと共に、激しい頭痛や嘔吐、まひやしびれ、二重に見える、ろれつが回らない、意識がもうろうとするなどの症状が現れるため、脳の病気を見つける手がかりになることもあります。

当院では、専門医により検査を行い総合的に判断し、お一人お一人に合わせた治療に行っております。
めまいで不安を感じている方はぜひご相談ください。

耳鳴り

急な耳鳴り、めまいを伴う耳鳴り、聴力低下を伴う耳鳴りは内耳の疾患のほか、耳鳴りを引き起こす脳の病気は、脳梗塞・脳出血・脳腫瘍があげられ、つまり脳卒中は脳の血管障害が原因です。

当院では、MRIやABR(聴性脳幹電位)をはじめとした精密な検査と、専門医の診察により総合的に判断を行ったうえで耳鳴治療を行っています。耳鳴りで耳鼻咽喉科を何軒も受診したがよくならない方、永年の耳鳴りでお悩みの方はご相談ください。

顔面神経麻痺

突然、顔の片側が動かせなくなり、まぶたが閉じなかったり、麻痺した方の口元からよだれが出るなど、顔面神経麻痺は末梢神経が炎症を起こす場合のほか、脳出血や脳梗塞などの中枢性の脳の病気から発症するものもあります。

当院では、顔面神経麻痺は早期発見、早期治療が治癒率が高いため、受診当日に検査・治療を開始するように配慮しております。

頭部外傷

頭部打撲後に頭部単純レントゲン検査や頭部CT検査で異常が指摘されなくても、後になって異常が出てくる事があります。受傷後、3週間から2-3ヶ月たって発症する慢性硬膜下血腫もあるため注意が必要です。

当院では、頭部外傷は出来る限り受診当日に検査ができるよう配慮しております。頭部打撲後、頭痛・頭重感や吐き気が続く場合だけでなく、物忘れ、言語障害、歩行障害などの症状がでた場合も、ぜひ早めにご相談ください。また、交通事故や労災も扱っておりますので、保険担当者に照会のうえ受診するようおすすめします。

頚椎症・神経痛

老化、過度のスポーツによる運動障害、事故、悪姿勢などのさまざまな原因により変形したりズレたりすることで、神経、脊髄、血管が圧迫、刺激を受け、痛み(凝り)、痺れなどを感じる中高年以降の方に多い症状、病気です。

[適応疾患例]

・ 慢性頭痛(片頭痛、群発頭痛、薬剤性頭痛)
・ 頚椎症(むち打ち、椎間板ヘルニア)
・ 神経痛(三叉神経痛、後頭神経痛、坐骨神経痛、肋間神経痛)
・ 顔面神経麻痺
・ 腰痛
・ 自律神経失調症
・ 耳鳴り

ページトップへ

外観

医療法人 谷掛脳神経外科

〒573-0032 枚方市岡東町15-10
TEL : 072-841-2151 FAX : 072-841-3990

診療科目

  • 脳神経外科
  • 脳血管障害
  • 頭部外傷
  • 頸椎・腰椎疾患
  • 外科・整形外
  • 神経内科
  • アタマに関する病気について
  • 専門治療について
  • 採用情報